ありがとう。

今日のことを書こうと思ったら、
タイトルはこの言葉しか浮かばなかった。

今日初めて会った人、
こんなかわしに何年も会ってくれる人、

それから引き合わせてくれた、
TUBEにココロから感謝楽しい

今日も厚木とおんなじ箇所で泣きそうになりました。


楽しい気持ちも、
切ない気持ちも全部抱きしめて、
素敵な時間を過ごせました。


ありがとう!

いよいよ。

明日ですね。
横浜スタジアム。

この味を知ってから、
4年目になります♪

でも、この日を過ぎると、
あ〜夏も終わったなぁってホントに思う。
今も昼の日差しはマジでやばいけど、
夜になると風に少し秋を感じたりもします。

明日はホントに楽しんでこよう!!

ちなみに会社内でTUBER増殖計画を進めてまして。
厚木では先輩3人を連れて行きました。

一人でも多くファンになってもらえたらな☆







お盆の終わり頃から、
久しぶりにギターを弾きこんでます。
たいしてうまくなくても、
やっぱり楽しいです。

5年前に曲が出来上がり、
2年前からレコーディングしている(笑)、
至極のバラードが、
ようやく完成するかも。。。です。

それから、
もう9年も前に書き上げた、
かわし自身のテーマ曲もデジタルで再レコしてます。

どちらも完成したらネットで公開させていただく予定です。

あ〜夏休み

人生初めて!?の約10連休。
あっっっという間に終わっちゃいました。
前半は研修〜旅行、
後半は普通にお盆でお墓参り。
という、
それなりに中身もありました。

その中で、
中盤には1件、実は悲しい出来事が。。。


うちで派遣しているスタッフが、
海で亡くなっちゃったんです。

しかも、同い年というのが本当にショックだった。
残されて、
気丈に振舞う彼女や、
何年も探していたという親御さんの話を聞いて、
本当につらかった。

死にたいと思えるくらいつらい時もあるけれど、
やっぱり泥まみれになっても、
オレはオレの人生を精一杯生きたい。






20代最後の夏は、
ちょっと考えさえられました。

雲白肉〜オレ流〜

雲白肉


サイト内の1コンテンツであったオトコの料理教室。

ですが、
なかなか更新できないので、
こちらでやってみようと思います。

第1回は力作、雲白肉。
テレビでちょろっとみて、
作っただけなんで、あくまでオレ流です(笑)。

用意するもの
・豚バラブロック

・昆布
・鰹節

・しょうゆ
・酒
・みりん

・ガーリックチップ
・ラー油

・きゅうり
・人参
・長ネギ



まずは、豚バラを徹底的にゆでます。
1kgのものでも、
1時間はかかると思います。
その時に、臭みけしで長ネギの頭の部分(青いところ)や、
しょうがを適当にスライスして入れておくといいかもしれないです。
ちなみにかわしは、
ゆで汁が煮立つまで昆布を数本入れておき、
沸騰直前に引き上げてます。
茹で上がったら氷水に入れ、身を引き締め、かつ冷やします。

茹ではじめてから30分位したら、
手鍋にしょうゆ、酒、みりんを入れて火にかけます。
分量はお好みで。
このときに昆布を数本、鰹節をパックなら2〜3パック入れます。
昆布ははさみなどで細かく切れ目を入れると、
出汁が出やすいです(カットではなく切れ目)。
ちなみに絶対に煮立たせない
ですのでかなり弱火でじっくり。

火にかけたところで、
人参、きゅうりを千切りに。
長ネギは白髪にしてください。
このときに余る頭の部分をばら肉の茹で上げに使うと吉。


できれば盛り皿も冷やしてあるといいな。



盛り付けです。
ゆでたばら肉をできるだけ薄くスライス。
5ミリくらいかな。
そんで皿に放射状に盛り付け。
中央にきゅうりと人参をきれいに盛り、
点に白髪ねぎ。
このガロニにそってスプーンでたれをかけます。
そして、ラー油を適量。
全体に砕いたガーリックチップを振りかけて完成楽しい♪です。



HeartFeelingRecords 2005

またまたブログをはじめてみようかと思います。

前回は意味わかんなくって、
すぐに止めちゃったからね冷や汗

前のはgooのを使っていたんだけど、
ここのやつの方が、
明らかに機能性もあって、
かつ使いやすそう。。。

これからこちらでがんばってみます♪

雨の松島。

旅行(もともとは研修(笑))最終日は曇り。
昨日の深酒はたいして残ってない。
ヨカッタ♪

のんびりと9:00くらいの鈍行で仙台に向かうことにしました。
目指す先は松島海岸!

仙台へは11:00前に着きました。
腹も減ったので、
この旅行2度目の牛タン定食。

その後は、仙石線で松島海岸へ。
快速で30分位かな。
陸前浜田?辺りから松島の島々が見えて来ます。
松島に着いたら、
すぐに遊覧船のチケットを買う。
出航まで残り15分くらい。
駅から桟橋までのんびり歩いてちょうど。

平日なのに、客は結構多いです。
クルーズは50分くらい。
松島の湾内から、
少しだけ外洋にも出ます。
いろ〜んな島があるんだけど、
正直それぞれの区別がつかぬ(笑)

写真で見る景色と、
現実のギャップも残念ながら少し感じました。
船を降りる頃には、
またまたとんでもないどしゃ降り!!!
今回の雨はひどかった。。。

って言うか、
とことん雨オトコですね。
思い出しました。

おかげで陸に戻ってからも、
五大堂までしか行きませんでした。
本当は福浦橋?も行ってみたかった。

そうそう、
この時期松島に数あるお寺は、
夜ライトアップとか、灯篭で照らされてるみたい。
今度はそれも見てみたいな☆



雨の中、瑞巌寺へ。
伊達政宗などが奉られてるらしい。
境内はものすごく荘厳。
不気味ささえ漂う感じ。
けど、
院内は金箔が豪快に使われたり、
見応えのあるものだった。

気がつけば、
帰りに予定していた電車の時間もすぐ!
仙石線も仙山線同様、
本数はあまり多くない。
けど、仙台〜本塩釜間は通勤電車みたいな感じだった。

仙台を後にする前に、
駅ビル内のすし屋へ。
仙台は駅ビルの中に牛タンどおりと、
すし屋通りがあります。
僕がずっと牛タンを食べていたのも、
この駅ビルの中。
そして、念願のすし屋へ!!
と、いうのも、
看板にトキシラズって見えたから。
詳しくは忘れたけど、
北海道で取れる、時期はずれの鮭らしいです。
ものすごくうまいって、確か将太の寿司で言ってた(笑)









うまかった・・・・。
やばいよ。


ほかにもホウボウとか、
あいなめ?だっけな?とかも食べました。

最後の最後までおいしいものを食べれて、
ホントに幸せです♪
その後はやまびこに飛び乗って帰路につきました。


































湘南台も雨でした><



山寺〜平泉。

山形は朝から雨。
8:30にチェックアウトし、
徒歩5分の駅へ。
仙台〜山形を結ぶ仙山線は1時間に1本しかないため、
ちょっと急ぎ気味・・・。
山形から山寺は10分くらい。
10分くらいですぐに着。

山寺では雨も止んでました。
重い荷物はロッカーに入れ、
身軽に出発!!

山寺は1000段近い階段を登ると、
断崖にさまざまな寺院がそびえ立つ場所。
芭蕉の俳句(静けさや・・・だっけ?)でも有名。

山に入ると立石寺(山寺の本名)の門をくぐり、
すぐに石段へ。
身軽な格好で来たのに、
すぐにきつくなる!!
なにしろずっと石段!
途中から汗が噴出してきました。

しかも、
参道のてっぺんに近づいたら、
突然のどしゃ降り。
少し雨宿りをしてから、
五大堂へ。
ものすごい絶景が眼下に広がった!
雨が降ったせいで、
なんだか景色も幻想的。

結局通常2時間くらいのコースを、
ほんの1時間少しで戻ってきました。
足、、、イタイ。
仙台行きの快速まで30分少し。
駅前の喫茶店で、
のんびりお茶をして、
すこし汗を落ち着かせました。



本来なら午後は、
松島海岸へ向かう予定。
ところが雷雨が激しいため、
遊覧船が出ないんじゃないかという心配になり、
急遽進路を平泉へ変えました。

平泉へは、
新幹線で一関まで出て、
そこから鈍行で3駅くらい。
この鈍行もワンマン列車・・・。

平泉ではレンタルサイクルを借りました。
2時間で600円くらい。
のんびりした町並みを抜けると、
高館の義経堂へ。

じつは僕、
小学生の頃から義経の大ファン。


日本史上で誰が好き??
といえば、
決まって義経でした。
だから今日はちょっと感慨深い・・・。


義経堂は義経が自害したとされる場所で、
北上川の眺めが絶景。。。
お堂自体は特に大きいものではないです(拝観料200円)。

その後はまた自転車を少し進めて、
弁慶のお墓へ。
そこは中尊寺の目の前なので、
そのまま中尊寺へ。

門をくぐると、
月見坂という名前と正反対の激しい坂道。。。
午前に続いてまた汗が滝。
なんて健康的な旅行でしょう(笑)


と、坂の途中でまたも大雨!!!
とことん雨に好かれてます。

また休憩してから、
いよいよ金色堂などへ。









金色堂、



すごかったよ。
教科書とかに出ている通り。

目を見張るような、
美しさでした。
ここだけの話じゃないけど、
1000年近い前のものを、
今も感じれるってすごいと思います。



夜はへとへとになりながら、
一ノ関のビジネスホテルへ。
昨日とは違って、
すごくいいホテル。
ちょうど一ノ関の商店街も夏祭りの最中。
なんだかいい雰囲気の中、


地酒利き酒セットの看板に惹かれて、
【和楽】というお店へ。
年配の夫婦がやってる店だけど、
三陸の幸、
岩手の酒、
東北の人情をたっぷり味わいました。
酒は全部で10種類近く飲みました。
刺身とか、すごかった。。。
特に、久しぶりにすごい!!!!と思ったのが、
しめさば。
しめてから絶妙な時間に調整してるから、
身の周りがほんのり白い程度。
噛みしめるととろ〜り♪
中トロもうまかったな。
ばくざんという、海鼠腸(コノワタ)とホヤの和え物?
もうまかったです。
店のおかーさんとも仲良くなったんだけど、

すごいうれしい一言。
「一見さんでも、旅でよってくれた人がお客さんが、
 ちょっとでもいい気分で過ごしてくれれば・・・」

金言です☆


山形へ。

本日の研修もグダグダ(笑)。
適当に終わらせて、、、
せっかくだから七夕もちょっと観てみました。

なんといんだろう。。。

平塚とは趣が違う感じ?
飾り物もキャラクターものとかは特に無くて、
純粋な飾りが多いような。

子供や家族連れが喜ぶのは平塚だと思います。

その後は、
おそらく初めての山形入りを果たしました。
ほんとは山寺に宿を取りたかったんだけど、
いいのも無くて、
近くに山形にしました。
しかし、
山形も何も無い。。。
けど、ちょうど花笠期間であったんで、
軽く見てきました。
しかし。






一人で見てもつまらんな。これは。









というより、
参加した方が楽しそうだ☆








祭りは見終わった後は、
ホテルで聞いたそばのおいしいお店
三津屋に行きました。
半板そばと、地酒の男山一献を注文。
そばはなんだこりゃってくらいコシがあって、
だしはかつおがたっぷりで、
力強い味。
男山は、辛いのをお願いしただけあって、
確かに辛い!
でもそれ以上にボディが太いというか、
ガツンと来る味でした。



さて、
明日は山寺詣でです。


仙台◆

研修中はほぼ爆睡(笑)。

仙台まで研修に来て何してるんでしょうね。
講義内容がつまらんのと、
昨日までの緊張が一気に解けちゃった感じです。


夜はただもう一人、
関東から参加している人と飲み行きました。


仙台は酒も魚もほんとにうまい。
今日行ったのもチェーンっぽかったけど、
地酒が2合で1000円とかばっか。
1合ずつ、
宮城の地酒を堪能してきました。

そういえば、
5日は仙台七夕のオープニング。
残念ながら観れなかったけど、
音はすごかった。
ちょっと観てみたかったなぁ。。。

仙台。

今日は仙台に来ています。
金土の研修が終わればそのまま夏休み10連休デス♪

しかしね、
いいことばかりでもなく、
【研修に行くために】今週はすごい忙しかった。

かわしの仕事は月の1〜7日にピークを迎えるのですが、
まさにその時期。
今日も一日中電卓たたきまくって、
予算を出して、
先月の差異分析をやって・・・。と。


とりあえず、19時頃の新幹線に
予定通り乗りました。
2度目の仙台、
とりあえず牛タン定食と、
生ビール♪
それから国分町をのんびり通って、
宿へ向かいました。

仙台もものすごく暑かとです。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

人気blogランキング

カウンター

ミニHFR

オススメ





マクロミルへ登録
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:875 最後に更新した日:2018/01/03

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM