after one year.

早いもので、
前職を辞めてからもう1年。

本当に早かった。


思い出すこともあるけど、
それはすべて大事な経験。

失敗も成功も、
想い出にしちゃうと、
それは飾りになっちゃう。
いつでも取り出せるように、
次に活かせる様に、

想い出ではなく、
経験として大事にしていこう。

birth。

高校のときの、
一番の親友に子供が生まれた☆


おめでとう!

かわし友達で、
パパ1号です♪

かわし塾。

すごい暑さで。。。

今日はスタッフの引越し予定があったため、
もうサイアク。

午前中から汗かきまくりで働いてました。

今日はちびっと会社の話。
というか、想いのかけらをちびっと。。。



うちの会社、
というより、
俺の担当メーカーは全国からスタッフが集まってきてます。
リアルかわしを知ってる人はわかるだろうけど。
20前半から、
40代の辺りまで。

よくも悪くもみんなかわいい。
(ちなみに全部オトコだけど…w)
やっぱり多少なりとも、
かわしと関わった人には、
この先いい方向に進んでもらいたいなぁって思う。
えらそうに説教したり、
諭そうなんて気は全然無いけど。
外食業から転身した俺を、
みんな、なんで???って言うけど、
相手の笑顔が見れるのは同じ。

困ってるやつがいたら助けてあげたいし、
それが仕事のことならなおさら。
恋の話でも、金策でも、
人間関係も将来の話も聞きますよ。
地方から出てきてる人にとって、
他に知り合いがいない人にとって、
実は、
俺という立場の人が、
たった一人の話ができる相手だと気付いた時。
自分の立場の大事さが、なんだか身に染みた。

けど、甘やかしはしません。
親じゃないから。
年上も年下もがつんと言わなきゃ。




そんなかわしの下には、
どういうわけか、
奇人変人?がたくさん集まってくる(笑)。
まー、あれか。
管理してるやつがね…w




もうすぐ異動。
引継ぎが進むに連れて、
だんだん寂しさも増えてくる。
もう会わないやつもいるんだろうなァって。


かわし塾、2代目塾長誕生間近です。

GW・・・命日

今から11年前の今日、
母が1年の闘病の後に旅立った。

病気なんていつ襲ってくるかわからない。
発覚した前日まで、
いや、
入院してもしばらくは、
ホントに病気???と思える感じだった。

でもホントは無理していたのかな。
当時俺は高1、弟は小6だったから。
つらいところを見せないで、
俺は気付かなかった、
気付けなかっただけなのかもしれない。

何度か入退院して、
最後は今の医学では負えないレベルだったんだと思う。
最後の入院の前、
もう帰って来れないかなって漏らしていた。
子供心には励ます術は無かったと思う。


年度が変わり、
弟は中学へ進んだ。
母は、弟の学生服を絶対見るといっていた。
入学式を終え、すぐに病院に行った。
それから5/1は弟の誕生日。
病室で、先生の特別許可を取り、
父お手製のきりたんぽ鍋を作った。
母が好きだったやつだ。


それから3日後。

容態は急変した。
母は、弟の誕生日を見届けて、
たぶん満足できたのだろう。
心の支えは、
時に達成してしまうと、
こんなにも脆く崩れてしまうものなんだ。




この時期は、
たくさんの人に支えられてること、
それから、
頼りにしている人からの裏切りも知った。



月日は流れて、
まぁ、家族は適当にやっていますよw
口にはしなくても、
それぞれの想いがあるだろうし、
それについては俺も同じ。





このサイトをオープンして、
実は結構年月が経っていたりする。。。
けど、
5月4日について、
初めてまじめに書いた気がする。
自分の記憶を風化させないために、
あえて今日は書いてみた。

太鼓の音。

かわしの住む辺りでは、
この季節になると、
太鼓の音が響いてくる。

地元の神社の祭りが控えているからだ。

小学生の頃、
かわしももちろん太鼓隊?に参加。
今でもあの時のリズムは覚えてる。

大太鼓を叩かせてもらえるのは、
6年生だけ。
気がつけば、
あれから15年。
今もこの街で、
あの時のリズムを聞くとは想像もしていなかった。

太鼓の音が、
27回目の春を連れてくる。
いろんな喜びを知ったり、
たくさんもがきながらも、
今も変わらずやんちゃな俺。。。

いかりや長介・・・。

巨星が堕ちた。。。

毎日8時に寝かされていた小学生の頃。
全員集合のある土曜だけは、
9時まで起きていても平気だった。
もちろん親には、
こんな低俗番組!といわれたのは言うまでもない。

それでも、
一週間分の楽しみを背負って、
それを裏切らないのが全員集合だった。

もうあのコントが見れないのはホントに哀しい。
後の、
ごきげんテレビや、
テレビバスターズ。
それから大爆笑も好きだったけど、
コントとして、
やっぱり全員集合に勝てるのはなかったと思う。
そういえば、昔は、
クリスマス時期にはドリフ特番もあったな。。。

俳優としても彼も好きでした。
ココロから冥福を祈ります。



余談ですが、
2チャンネルで、
これほど叩かれずに賞賛されてる人、
はじめてみました。

卒業。

居酒屋時代、
一番かわいがっていた長男が、
卒業を機に故郷に帰ります。
今日はそのため、
仕事終わってから武蔵小杉へ。

退職後、
一人の客として訪れるのは初めてだったから、
新鮮さと懐かしさが入り混じる、
複雑な気持ちだった。
元気に働いてるのをみて、
ホッとした。
料理もサービスも、
他の店と比較しても充分だったよ。
いい顔して働いていた。

けど、小さくまとまってる気もした。
社員の存在感も感じなかった。
辞めたやつが何を言うか。
と思われるかもね。
けど少しがっかりしたのも事実なんだ…。

まだ残ってる子たちにはもっとがんばって欲しいな。
何はともあれ長男。
いろいろあったけどwww
ほんとぉにお疲れ様♪
それからいろいろ助けてくれてありがとう。
これからもがんばろうぜ☆
それからモハ書き込め!!!

STAND BY ME

高校時代、
例え彼女がいたときでさえ、
いつも一緒にいた仲間がいた。
いつからか、
それぞれの地元で飲み会を開催するようになったり、
テストが終わったらボーリング大会したり。
夏の野球応援では、
校内新聞に載ってしまうほど大騒ぎしたり。
けんかもしたし、
振られた時は慰めあったりした。
集まる人数は、
多い時は10人にもなった。
10人が同じクラスになったことなんてなかった。
コアメンバーがいて、
それぞれの友達が加わったりして、
気づいたら大所帯。
一番長いやつとは、
もう13年目にはいる付き合い。

今日は久しぶりに集まっての大騒ぎ。
6人でボーリング対抗戦。
かわしは142,163,159。
団体戦敗北(泣)
飲みは、さすがに昔ほどバカなことはしなくなったw
けど、
こうして集まると、
本当にあの頃にタイムスリップしたみたい。
久しぶりに腹がイタイほど
笑い転げたよ☆

あの頃に帰りたいなんて言わないけど、
ずうっと大切な絆。

さが、いわお、せち、たにやん、やまさん、かし。
失くせ無い存在です。

恋よりもせつないもの。

干したてのフトンにつつまれ、
少し夢を見てきた。
 
夢の中でボクは、
一つのビデオを再生した。

それは、バンド時代のライブビデオ。

気がつくと、
ビデオの世界に入り込んで、
ひとりの観客になっていた。





場所も曲も、
さっぱりわからないけど、
演ってるのは、間違いなく、
あの頃の俺たちだった。

ふと、元気だった演奏に異変が起きた。
みんなが座り込んだギターを取り囲んでシンパイしてる。

客席に見たくない顔があるという。
俺は「別人だよ、別人!!」と、
よくわからないことを返事していたみたいだが、
反応は無かった。
どうやら俺は、
過去の自分から見て、
逢いたくない人になってしまっていたらしい。


あいつに、
もう一度やろうぜと言われてしまった。

なんてことだ!!!
やりたいのは俺なのに。

戻れない時間の重さを知った。
捨て切れていない想いを知った。

どんなつらい恋のユメよりも、
泣き出したくなる寝覚めだった…。

ジレンマ。

すんごいわかりやすい性格だよねって、
よく言われるんだけど。


とっても自覚してます(笑)


【感情をぶっ放さないで何のための命だっ】

って、すんごい感銘を受けたあるセリフ。



基本的にわたし、
直球しか投げれません(;´д`)!

けど、
肝心な時に気持ちを現すのがとっても下手。

照れ隠しで強がっちゃって、
うまく言えなかったりしちゃう。


今日はぽかぽかいい天気。
けど、
秋冬のこういう日は、
夕暮れ時が妙に切なくなったりする…。

そろそろ街の灯りが胸にしみそう(笑)




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

人気blogランキング

カウンター

ミニHFR

オススメ





マクロミルへ登録
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:900 最後に更新した日:2018/05/20

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM