【写真】軽く山登りの久里浜花の国。

最近、仕事で横須賀方面に行くことが多く、

そのたんびに、ああ〜このあたりをカメラを持って歩きたい。

なんてばっかり考えてました。

 

そんな中で天気のいい休日。

久里浜花の国へ足を延ばしました。

いざ、家から向かうと片道2時間半。

日曜日ということも相まって、ず〜〜っと渋滞。

ちなみに帰りも同じ時間。

やっぱり県央から三浦半島は遠いぞ。

早く高速が開通しないかな。

続きを読む >>

【オトコ料理】10人越えの大宴会。

千葉県は某所。

会社の倉庫兼事務スペースとして使っていた場所を、3月末で撤収するにあたり、

その前に所員みんなで宴会をすることになりました。

料理はもちろん俺。

正確には14人くらい分を作るという暴挙です。

 

食材は近隣のスーパーで確保。

特に鮮魚が安い!豊富!

神奈川ではびっくりするような売り場を見て、興奮しました。

 

作ったのは…

トマト鍋

ローストポーク2種

しめ鯖

サーモンのカルパッチョ

本場 なめろう

黒鯛の姿づくり 湯霜と焼霜

ワラサの刺身とタルタル

黒鯛の雑炊

きのこのホイル焼き

 

残念ながら写真はほとんど撮らず。

我ながらきれいにできた黒鯛の姿づくり。

皮目がコリコリしててうまい。

ワラサ2種。

 

15時前〜23時までた〜〜〜っぷり料理できて満足。

みんなにも好評のようでした。


【オトコ料理】ふろふき大根。

今年に入ってから全然料理してないな〜というなか、

来週は会社イベントで大量に料理をします。

なので、感覚のリハビリというか、少し料理しました。

何年ぶりだろう。。。ふろふき大根。

20歳の頃によく作っていた気もするけど、

今はダッチオーブンで煮込むとあっという間に柔らかくなるのね。

野菜多めのチキンステーキ。

 

同時に複数工程を動かしてみたりして、少し感覚を取り戻せました。


【仕事】〜しようと思います。ではダメ。

※この記事は別ブログで書いていた内容を加筆修正したものです(2013年)

 

さて、私も社会に出て18年になりました。

最初に就職した飲食店(大手ファミレス)では、
調理とか接客よりも、仕事を回すためのシステムや思考、
お客様の大切さ。
そんなことをたくさん学びました。

その中で、当時のマネージャーから言われたことを、
今でも強烈に覚えています。

ある日の日報での報告の結び。
翌日の行動計画や、今後の目標などについて書いた時です。

〜〜〜しようと思います。

と、書きました。

翌日、「お前は思うだけなのか?やらないのか?」と。

思うだけではなく、実行することが大事ということを、
若い自分に強烈に刻み込まれました。

それ以来、報告書というものには必ず、
〜〜〜します。
と断定調で書いています。
つまり、言った言葉に責任を持つこと。

小さなことですが、大事なことです。


【写真】青空に恵まれているうちに今年の初桜。

昨年松田山に訪れたのは3/5

今年はずいぶんと開花の時期がずれ?これが本来?

満開という話を聞いて、行ってきました。

1月以降雨も雪も少なく、晴天に恵まれました。

が、だんだん春になってきているんですね。

空の霞は多くなった気がします。

富士山が見れたのは午前中だけでした。ぎりぎり!

 

ところで2月からJUGEMの写真アップロード機能が変わったらしく、

ずいぶん楽になった。

かつ、写真も大きくなってうれしい。

反面、容量を使うようになったので、

いずれ有料プランへ誘導するのが目的かもね。いいけど。

 

あと、近いうちにDPP4の解説書でも買ってもっと勉強しようと思う。


【酒】さすがという一言の銘酒、福寿 純米吟醸。

バレンタインにチョコ代わりにカミさんから貰った噂の銘酒、福寿。

次女3歳の誕生日にあけました。

3年前といえばとんでもない大雪に見舞われた頃だったね。

あれからもうそんなに経つのか〜と。

まだ赤ちゃんっぽさが抜けない次女も、もう幼稚園。

俺も年を取るわけだ。

 

それでこの福寿。

 

素晴らしいの一言。

うまみ、切れ、華やかさ、すべてが極上のバランス。

飲みごたえはしっかりあるのに、くどさ、しつこさ、重さが全然ないの。

脂ののった白身系の魚とかだと一番相性いいかなぁ。

あっという間に1本空けてしまったんだけど、

今まで飲んだ酒の中でも、トップレベルの美味しさ。

 

ごち。


【オトコ料理】本マグロカマなんてものを手に入れた。

車で15分程度にあるドン・キホーテ。しかもメガ。

ずっと気になっていたんだけど、ようやく訪問。

なんか、結婚してから行ってない気がするということは、

ドンキ自体10年ぶりかね。

元ダイエーを改装した広い、けどやっぱり雑然とした店内をわくわく練り歩き、

生鮮品売り場へ。

普通のスーパー並みに充実していてびっくり。

さらにびっくりなのが、本マグロの解体ショーをやっていたみたい。

ショー自体は見れなかったんだけど、

なんと、じゃんけんでカマをプレゼントしまーす!って。

しかも、刺身で行けまーす!って。

そりゃ参加するっきゃないと臨んだ1回戦はあえなく敗退。

そして2回戦、なんと2回のじゃんけんで一人抜けでゲット!!!

 

出刃と柳を用意して、穿り出します。

分厚い皮や骨に阻まれて苦戦し、最後はスプーンで掻き出す!

この極上の大トロ!それから中落ち。

うまい。

うますぎる。

 

けど、40代には脂乗り過ぎもダメみたいだw

もう少し食べ方も工夫してもよかったかな。

けど思わぬラッキー経験でした。


【酒】ダンチキンダン、海老名の新名所らしい。

近隣のママ友会で話題沸騰中のダンチキンダン。

そもそもなんだその名前は…なんて置いといて、

せっかくなので、仕事終わりに弟も呼び出して行きました。

すでに21時超え。店内は若い客でいっぱい。

なるほど、賑わってる。

鮮魚のカルパッチョや、名物のチキン、アヒージョなどどれもおいしい。

たまにはワイン♪ということでハウス赤を頼むが、

これも充分においしい。

結構飲みました。

 

が、その後やっぱり日本酒がほしくなって、

いつものひさごへ。

これにて充電完了。


【仕事】ちょっと難しいからよく聞いてください。

今年は仕事関連のエントリーを増やすと言ったからには、、、の、

第一弾です。

 

部下に、取引先に、あるいは子どもに何かを教える時に、

タイトルのような言葉を使ったことはありませんか?

教える側、話す側とし、相手に緊張感を持ってもらうため、

あるいはキチンと聞いてほしいから、

あえてこういった枕詞を使うと思うのですが。

 

実はこれ、言っては行けない言葉。

 

何故かと言うと、

「難しい話」という言葉を聞いた瞬間、

受け手側は拒否反応を示すからです。

脳が本能的に。

そうするとどんなに簡単な言葉を使ったり、

図解でわかりやすく話をしたとしても、

「今説明していることは自分にはわかりっこない」

「わからなくて当たり前」

「たぶん他の誰かがわかるから後で聞けばいい」

こういった状態になってしまうのです。

 

せっかくちゃんと聴いて欲しいから言ったはずなのに、

方向性はまったく逆。非常にもったいない。

 

だから使うべき枕詞は、

「わかりやすく説明するので気軽に聴いてください」

「簡単に絵で説明しますね」

「他で説明したときにも簡単に理解して頂けたので、ちょっとだけ聴いてください」

こういったポジティブな表現で、

脳の緊張をほどいてあげるのがいいと思います。

 

どうですかね。

身近なところから実践してみると、わかりやすいと思います。

 

なお、これは科学的な話ではなく、営業マンとしての経験からの話でした。

効果の程は保証しませんのでw


【写真】工場夜景に挑戦!

やっぱさ、一度は挑戦してみたいと思うもの。

特に京浜工業地帯を仕事でしょっちゅう行く者としては、

ここ、夜来たらきれいなんだろな〜とかよく思っていたので。

 

そして、思い切って行ってみました。

と言ってもそんなに力むことでもないんだけど。

結果、

ちゃんと三脚を使うこと←モニターではブレなく綺麗に撮れていたつもりなのに…

ロケハンをもっとやること←いざ動くと想像と結構違う

そんな反省点ばかりでした。。。

 

そんなわけで、またリベンジを誓う機会となりました。

続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

人気blogランキング

カウンター

ミニHFR

オススメ





マクロミルへ登録
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:821 最後に更新した日:2017/05/15

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM